ねこのいる生活

こんにちは、野崎です。

 

自己紹介を見てもらえると分かりますが

うちには犬が二匹🐶と猫が一匹います🐈💕

 

子どもも二人いて、誰かしらのお世話で

いつもてんやわんやです💦

こんな賑やかな我が家に一番初めにやってきたのは

猫の「さくら」でした✨

 

今日は猫との生活について

ブログにしたいと思います(^^)

 

でも、まず結論から言いましょう。

 

猫との生活は

最高です。

(アレルギーとかなければね!)

 

私はこれから先の内容で

最高を連呼します(笑)

 

猫の基本的なお世話

ごはん

猫のごはんは基本的にキャットフード(カリカリ)を与えています。

猫の性格によってはカリカリを食べず、ウェットフードのみを食べる子もいますし、カリカリばかりでは飽きてしまい、時々ウェットフードにしたり違う味のカリカリに変えてみたり・・・と、その子、そのお家でいろいろと違いがあると思います。

うちの子は基本的に同じ味のカリカリを食べており、おやつにちょっとお高いカリカリやウェットフード、にぼしやカニカマなんかをあげています☺

 

ごはんは1日に2回。

1日中家にいるような専業主婦なら、決まった時間にご飯をあげるのも問題ありませんが、一人暮らしで働いている方、決まった時間にごはんをあげることが難しい方も、もちろんいらっしゃるかと思います。

我が家で大活躍しているのは、自動給餌器と循環式給水機です✨

この自動給餌器、タイマーと一回のごはんの量を設定しておくと、その時間に設定した分のごはんが自動で出てきます✨

お仕事で決まった時間にごはんをあげることができなかったり、旅行で数日家を空けるくらいなら、この給餌器で十分対応できます(*’ω’*)

 

今調べてみたら、自動給餌器ってめちゃくちゃ進化してますね!!✨

スマホから操作出来たり、ビデオカメラがついてるものまで!

猫を飼いたいけど、ごはんの時間までに帰れない…。

そんな方の心強い味方になってくれますね✨

 

決まった

一回一回餌の量を計ってあげる必要がないのも楽です!!

 

もう一つは循環式給水機です。


お皿にお水を入れて置いておいてももちろんいいと思います。

ただ、そのままお水を入れっぱなしにして放置しておくと、水も痛みます。また、お水がなくなっていることにも気が付きにくいです💦

この給水機は、水道水を軟水化するフィルターが付いており、常に綺麗なお水をあげられます✨(こまめなお手入れは必要です)

 

猫にとって水は命!!

 

猫のおしっこは元々濃いため結石になりやすく、水が飲めなかったり汚かったりすると、腎臓の病気になったりします。

この循環式給水機も、いろんな種類がありますので、お部屋に合うデザインのものやその子の性格に合うものを選んで、購入してもらえたらと思います💕

 

トイレ

トイレも種類が豊富で選ぶのが大変ですが、トイレ本体、トイレの砂、おしっこ用のシートが基本的に必要となります。その子、そのお家に合ったものも使ってもらえればいいと思います✨

猫は、とっても賢いです。

トイレのある場所を一回覚えてしまえば、毎回きちんとトイレでおしっこもうんちもしてくれます!

(犬のトイトレは大変ですが💦)

ちなみに我が家で使っているのはこのタイプです。

↑トイレ本体

↑猫砂

↑トイレシート

本当に種類が多くて悩みます💦

うちのさくらは7歳ですが、この7年間で何回トイレとか砂とかの種類を変えてきたことか…(;’∀’)

置き場所も、子どもが生まれる前と生まれた後とでは全然違うのですが、その都度トイレの場所を覚えなおして、きちんとトイレで用を足してくれる猫…。

最高です!!✨

(犬はこうはいかない…!)

 

その他

猫草

その他、猫を飼う上で必要そうだなと思われてるのは、「猫草」。

↑こういうやつ。

猫は吐く生き物です。

いきなり吐きます。

所かまわず吐きます。

 

なぜなら…毛づくろいした毛玉を吐くためです。

(いや、他にも理由はあります。餌を食べすぎたとか、水が美味しくないとか…とにかく、ゲーゲー吐いてます。笑)

 

体の中に毛玉が溜まりすぎると、猫も体を壊します。

そうならないように、体外に毛玉を排出するお手伝いをしてくれるのが、猫草の役割です。

 

ただ!!

これは猫の好みにもよります。

うちの子は「猫草」をほとんど食べません。

食べなくても、自分で体外に排出出来るからですかね…。

 

なので、これは飼い主さんが与えたいか、猫が好きで食べてくれるか、で購入するかしないかが変わるかと思います。

でも、猫を飼い始めたら、まずは与えて様子をみるのもいいかと思います✨

それほど高価なものでもありませんしね☺

 

お世話グッズ

猫のお世話グッズとして必要そうなのは、「爪切り」「ブラシ」「おもちゃ」「歯磨きグッズ」です。

猫は高いところへ登ったり下りたりするのが好きなので、もしお部屋にスペースがあるなら「キャットタワー」を設置してあげると喜ぶかもしれません💕

↑天井に突っ張り棒で止められると、地震が起きた時に安心だなと思って参考までに持ってきたやつですが(;´∀`)

もしキャットタワーを置けなくても心配はいりません。

猫は勝手に高いところを見つけて上り下りを楽しみます。

 

うちは、冷蔵庫の上が大好きです。

冬は特に暖かいのか居座り続けるので、とうとう彼女用にカゴに毛布をいれて、居場所を作ってあげました(笑)

 

首輪

猫を飼ったら、可愛い首輪をつけてあげたいなぁ💗

と、買い始めの頃は思い、鈴が付いたもの、可愛いリボンのついたもの、買ってつけてましたが…うちの子はあまり好きではないようで(;´∀`)

そのうちつけるのが面倒くさくなってやめてしまいました(笑)

家猫だし、いらないといえば要らない物です。

 

お外にも散歩に出かける子はつけておいた方がいいかもしれませんね✨

 

病院関係

猫も病気になります。

近所の動物病院を調べておいて、日ごろからもし何かあった時駆け込めるようにしておきましょう。

その際に、「ペット用のキャリーバッグ」があると猫も安心して待合室で待てます!というか、これは病院の受診はもちろん災害時など外に連れ出すときに必要となるので、購入しておいた方がいいと思われます!!

また、ノミダニ対策として、動物病院から薬をもらしましょう。

もしくは、ネットでも購入できますので投与をお勧めします✨

 

お部屋の床問題

我が家のお部屋の床は、写真を見てもらえると分かるともいますが、タイル式のマットを敷き詰めています!

なぜなら…

何度も言いましたが、「猫は吐く生き物」。

タイル式のマットにしておけば、吐かれたところのみ取り替えて洗えばオッケーです✨

普通のフローリングだと猫の爪で傷がついてしまったり、猫が走った時に足が滑って危険です。

これは猫だけではなく、犬もそうなのですが、フローリングのまま飼育するなら滑り止めのワックスを塗るといいみたいですが…いいお値段します(;・∀・)

 

我が家は、犬猫はもちろんですが、子どもがお茶をこぼしたりスープ系をこぼしたときも、このマットにしておいて良かったなと思うことが年中あります✨✨

おススメです🌟

 

猫のおうち

猫の居場所問題もあるかと思います。

うちは基本放し飼い状態で、猫は家中どこでも入れるようになっています。

でも、お留守番の間はケージで過ごしてもらっている猫ちゃんも知っています。

 

もし、飼い主さんがお出かけしている間、いたずらしないようにしたいなと思ったら、ケージがあってもいいと思います。

お留守番の間、猫が暇にならないように、上下に移動できるタイプのケージが基本だと思います。

日中猫はほとんど寝ているので、トイレとごはん、お水を入れて置いてあげれば、 大丈夫だと思います✨

 

猫の「可愛いな💕」を集めてみた

猫も懐きます。

猫って犬と比べると感情表現もそれほど激しくないし(個体差はあるかと思います)、こちらから構われるのを嫌いそう…。

そう思ってらっしゃる方もいるかと思います。

 

実は…

猫も懐きます!!💕

 

懐くまで少し時間はかかるかもしれません。

でも、毎日お世話してくれている人は分かるようで、甘えてくることももちろんありますし、一緒に寝たり、常に側から離れようとしない子もいます💕

 

猫を飼い始めると…

 

感情表現が激しくない?

そのクールな感じがまた堪らないっっっ!!!

 

構われるのを嫌がりそう?

それでも可愛くて構っちゃうっっ💕(嫌がる素振りもまたイイッ!)

 

いつも寝ててつまらない?

存在してくれるだけで天使。

 

最高ですよ、最高。

猫を飼ってるんじゃなくて、「猫様に住んでいただいている」精神になります。

最高です✨

 

ゴロゴロしてるのが、癒し。

猫は暑いとき、「猫の開き」スタイルでごろごろします。

クッソ可愛いです!!

思わずお腹をモフモフして怒られます!

でも!

この猫の無防備にだらけた感じ、癒されます💕

 

猫は寒いとき、「まんまるまるまる」スタイルでゴロゴロします。

寒いので、暖かいところを探し求め、日向や人の膝の上で寝始めます。

 

クッソ可愛いです!!(鼻血)

 

猫様が…私の…膝の上に…っっつ!!!!

ベストオブ癒し!!

重くて動けないけど、それでもいい!!

足がしびれても、そのままここにいて…!

 

猫もあったか、飼い主の脚もあったかでwin-winです✨

 

子煩悩

個体差あると思いますが、うちの猫は基本子どもが…嫌いです(笑)

ですが、子どもに触られて「嫌だな」と思いつつも、側にいます。

うちの子はメスだからなのか、子どもが赤ちゃんの頃は特に側にいた記憶があります。

 

「いいにおいがするから、飼い主がいない間に食べようと考えている」

「新しく家に来たやつを見定めてる」

「猫は動くものが好きなので、じゃれるタイミングを見計らっている」

 

大切な赤ちゃん、ペットとの暮らしは心配ですよね。

ネットではいろいろ見かけますが、うちだけのことに関して言えば、「様子をみてくれている」というのが一番しっくりきました。

私が授乳中の時はいつも隣にやってきて寝ていたし、私がいなくても、つかず離れずの距離で赤ちゃんの側にいました。

意外と子煩悩なのでは…?といつも思っていました☺メスだし。

 

産後一番つらい1~3ヶ月、それほど頻繁に外にも出られない、会話をする人もいない、そんな中側に居続けてくれる猫に、本当に癒されたし、その存在にとても励まされました✨

「そこにいてくれるだけでハッピー」のベスト1です!!

 

いや、それなら犬でもいいじゃん、って思う方もいると思います。

もちろん犬でもいいと思うし、寄り添ってくれるワンちゃんもたくさんいるかと思います。

ただ、うちはその時「猫だった」だけです。

 

犬好きの気持ちも分かります。

家にも、犬、二匹もいるし!!

感情表現激しめなのがね!(笑)

可愛いよ!!

 

でも、猫の静かな優しさが沁みるときもあるの!

分かって!!(笑)

 

そのほか

日向ぼっこしているところ

毛づくろいしているところ

嫌なところ触られると噛むけどそれが甘噛みなところ

人の上に容赦なく乗ってきて寝始めるところ

いないなと思ったら布団の中で寝てるところ

おやつが欲しくてめちゃくちゃすり寄ってくるところ

撫でようと手を伸ばすと、おでこをゴツッと当ててくるところ

首なでるとゴロゴロいっちゃうところ

めっちゃこっちをみてくるところ

 

もう、そこにいるだけで。

 

幸せです。

最高です。

犬が「動」なら、猫は「静」です。

おさんぽの必要もない。

家で、ただただのんびり過ごしている。

 

いや、過ごしていただいている。

 

最高です。

猫は吐く生き物です。

大事なラグや、「そこで吐きます!?」なところで吐いて、その片付けに追われる日々です。

でも、幸せです。

 

だって、

存在してくれているだけで可愛いから!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか🐈💕

犬ももちろん可愛いのですが、猫の可愛さが少しでも伝わって、これから猫を飼おうと思っている方、今買っているけどグッズに悩んでいる方へ、少しでも参考になるといいなと思います💕

全世界の猫好きさんと猫たちが、幸せいっぱいあふれる毎日を過ごせますように🌟

全世界の猫に幸あれ!!

 

とりあえず…

 

猫は、最高です✨✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *