愛犬の病気 ~結石編~

こんにちは、野崎です。

 

先日、うちのポメラニアン(5歳♂)が

「尿路結石症」の症状で手術してきました。

 

5年間、元気だけが取り柄だった愛犬ですが

まさか手術をする日が来るなんて…。

 

今回は犬の病気「尿路結石」について自分が体験したことをまとめてお伝えしたいと思います。

 

リアルタイムで書いた記事はこちらから⇩

「愛犬のおしっこの仕方が変?尿路結石の治療法とは」

尿路結石のその後…。手術!?入院!?

 

尿路結石症ってこんな病気

人間でも、三大激痛の病気の一つとして「尿路結石」が挙げられています。

特に男性がなりやすく、その痛みはその場にうずくまり動けなくなってしまう程だと聞きます。

そして、犬も尿路結石になります。

小さい結晶レベルだと普通におしっこと一緒に排出されますが、完全に石の状態になってしまうと自然排出が難しく、膀胱や尿道を傷つけ血尿が出たり、完全に尿道を塞いでしまうと、おしっこがまったくでない状態になってしまいます。

おしっこが全く出ないままの状態にしておくと、腎臓に負担がかかってしまうため、命に関わり非常に危険です。

 

「いつもとちょっと違うな」

「おしっこに血が混じっている」

「おしっこが全く出ていない」

 

そんな様子が見られたら、すぐに病院で診てもらいましょう。

 

結石の種類

尿路結石として有名なのが「ストルバイト結石」「シュウ酸カルシウム結石」の2種類があります。

ストルバイト結石は、

  • 膀胱炎などの細菌が原因でおしっこpHが上昇しアルカリ性に傾き、
  • 石ができやすい状態になってしまうといわれています。
  • 結石用のお薬で(小さいものなら)溶かすことが可能です。

シュウ酸カルシウム結石は、体質でなってしまう子が多いそうです。なので、おしっこのpHが酸性でもアルカリ性でも、なってしまう子はなってしまいます。こちらの石は、薬で溶かすことのできない石となっています。

どちらの結石も、運動不足や水を飲む量が減ったり、おしっこを我慢したり、マグネシウムやミネラルを含むおやつや水などを多く摂取した生活をしているとできやすくなるようです。

 

他にもシスチン結石や尿酸アンモニウム結石などがありますが、ほとんど見られません。

 

うちの子が尿路結石になった原因

最初は膀胱炎でした。

うちの愛犬は、おしっこを我慢してしまう性格のようで、自分のゲージの中にトイレトレーを設置しておいても、お散歩やベランダに出してあげないと(要は外に出してあげないとおしっこをしてくれない子でした。

リビングで遊ばせているときも、基本おしっこはせず、ひたすら食べ物のにおいを探して徘徊しています(笑)

 

それから、水をあまり飲まない子でした。

ゲージの中に水は設置してあります。でも、飲みません。膀胱炎になってから、「水分をちゃんと取れるようにしてみてください」と言われていたので、水飲み用のお皿にペットフードを一粒入れてたりして、ちょこちょこ水を飲ませるようにしていました。

それまでは、お散歩の途中やトイレで外に出た時に飲む程度でした。

乾燥する10~11月ではその量では足りなかったようです。

 

そんなおトイレ我慢+お水飲まないタイプの愛犬ですが、去年の10月下旬に血尿が出て動物病院を受診した際「膀胱炎」の診断を受けました。

抗生物質を数日ごはんと一緒に服用させます。(途中うんちが緩くなってしまったので、整腸剤も一緒に服用してました)

幸い愛犬は食べることが大大大好き!✨だったので、ごはんに数粒見知らぬものが入っていてもぺろりと完食☺

そして、膀胱炎がようやくひと段落したな、と思った12月上旬。

おしっこを何度もする素振りと、またも血尿らしきものが少し出始めたのです。

 

何度もおしっこをしたそうにするのに、何も出ない。

何度もおしっこをする体勢になる愛犬。

でも、何度やってもおしっこが出てこない。

出たとしても、数滴。

「これはおかしい」と思い、動物病院の診察時間ギリギリに駆け込み、膀胱を触った先生が一言

「これは痛いね」

すぐにカテーテルで尿を排出しようとするも、詰まっていてカテーテル自体が通らない。急遽「生理食塩水」で詰まっているものを膀胱に押し戻す処置をしてもらいました。

レントゲンも撮ってもらい、膀胱内に石があることが確認できたため、「尿路結石」の診断を受けました。

 

ちょっとの変化を見逃さないで

これまでの我慢やちょっとした心配事の蓄積が、ここにきて一気に耐えられなくなってしまった結果だと思います。遅かれ早かれ、いつかは迎えることになっていたと、今では思います。

膀胱炎から尿路結石になってしまう子も多いそうです。

それだけ膀胱内のph数値が悪くなってしまうということでしょう。

当たり前のことですが、水はちゃんと飲むように工夫をしてあげて、トイレも行きたいときに行けるよう配慮してあげなければいけません。

うちの愛犬は、元々そういう性格の子だったのかもしれませんが、もしかしたら「そうせざるを得ない状況」だったのかもしれません。

 

普段から側にいる飼い主の方が、「あれ?おかしいな」と思ったことは、そのまま無視することなく、お散歩がてらかかりつけの病院に行って相談されることをお勧めします。

 

「尿路結石」の治療法

動物病院で「尿路結石」と診断された後の治療法には2パターンあります。

どこでその2つに分かれるかというと、「石の大きさ」や「種類」です。

その2つの方法を詳しくまとめたいと思います。

 

治療法その①「食事療法」

食事療法が適用できるのは、基本「症状が軽い子」もしくは「ストルバイト結石の子」だと思います。

膀胱の中に出来た石の状態がまだ小さかったり、結晶レベルの物だったり、薬で溶かすことのできる「ストルバイト結石」という種類だった場合、「食事療法」をまず進められます。

 

人もそうですが、犬の手術もリスクを伴います。

 

「石がある!?じゃあ、すぐに取らないと💦」

と焦って手術することは危険です。

まだ手術の必要のない、ごはんの種類を変えたり薬を服用することで改善する可能性があるのであれば、愛犬の体にとってもいいと思います。

ただ、その判断は医者に任せた方がいいと思います。

 

食事療法は、おしっこの質(ph)を変えるペットフードなどに変更し、これ以上石が大きくならないようにします。また、合わせて石を溶かすための薬が出されると思いますので、 一緒に服用しましょう。

経過を見ていくことが大切だと思いますので、病院でこまめに様子を見てもらいましょう。

 

治療法その②「手術」

・薬で溶かすことができないほど大きな石(ストルバイト結石)

・尿道に石が繰り返し詰まってしまう

・薬で溶かすことのできない「シュウ酸カルシウム結石」

上記の場合、医師の判断にもよりますが、膀胱を切開し石を取り出す手術をします。(シュウ酸カルシウム結石でも、まだ小さい石でしたら様子見になるかもしれません)

尿道に完全に詰まってしまった場合は、尿道を切開し石を取り出さなくてはなりません。

 

どちらも切開後石を取り出し、なるべく小さな石も取り出せるように生理食塩水で膀胱内を綺麗に洗い流す処置をした上で縫合していきます。

膀胱切開の場合は4~5日の入院。

尿道切開の場合は1~2週間の入院となります。

 

我が家の場合、膀胱切開手術+2日の入院(あまりにも元気すぎたため(笑))で、合計約12万でした。

それぞれの病院や入院日数によっても金額は大きく変わると思います。夜間救急で手術してもらおうかと検討した時30万~40万円と聞き、震えました…。

それでも、本当に命の危険がある場合は躊躇せず救急に駆け込んだ方がいいと思います。

(あ、あと、念のためにペット保険には加入しておきましょう)

(症状が出てからでは加入できないところが多いので、健康なうちに!)

 

手術後の生活

あくまでうちの愛犬の様子になります。

術後すぐは尿道にカテーテルを繋いで、おしっこは溜まったら自然と流れ出るようにしていました。また水分補給は前足にルートを確保され生理食塩水を投与されていました。

ご飯は術後1日経って少量を様子を見ながら与えてもらっていました。

本当は、4、5日きちんと先生のいる状況下で術後の様子を見ていていただきたかったのですが、とても元気だったこと、ごはんを食べられていたこと、おしっこが自力で出来ていたこと、と退院条件がそろていたので術後2日で退院しました。

 

退院後は、

食事は完全にphコントロールのもの(我が家はロイヤルカナンの「ユリナリーs/o」にしました)に変え、膀胱の炎症を抑えるための抗生物質も処方されていたので、ごはんと一緒に食べさせていました。

術後は頻尿になりやすいとのことだったので、こまめにトイレに誘導しおしっこをさせていました。(2時間おきに。夜は4時間おきくらい)

ごはんのユリナリーが少し塩味のあるものらしく、いつもより喉が渇きやすいため水もたくさん飲めるようにしました。

 

1週間後に術後の経過を見せに病院へ行きましたが、おしっこにも何の問題もなく綺麗な状態で、傷口もまだ痛々しくはありましたが、問題ないとのことでした。

※傷口の写真を載せます。見たくない方スルーで!!※

↑術後3日目

↑術後5日目

↑術後9日目

↑現在(術後2か月後)

 

術後9日目には傷口の赤みも引いて、綺麗になってきました✨

やはりしばらくは後ろ足を挙げずらいみたいで、掻きたそうにしているところはマッサージしてあげてました☺

 

術後は結石が再発しやすい、とのことで、今は1~2か月ごと尿検査をしてもらい、結石の元となる結晶ができていないか経過を診てもらっている最中です。

 

まとめ

動物は人に分かるような言葉を話すことができません。

なので、いつも様子を見てくれている人が「おかしいな」と少しでも思ったことは、愛犬のSOSだと思います。

何事も早めに分かれば、それだけ症状も軽症で済みます。

どうかうちの子のように痛い思いをする子が少なくなることを祈るばかりです。

 

 

ちなみに、うちの愛犬はストラバイト結石が7個くらいお腹の中にあったようです。

術後小さめのやつを主治医が石の鑑定に出し、そのほかの物は記念にもらって帰ってきました(笑)

一番大きいやつで、確か5,6ミリだったと思います。

犬の小さな体からしたら大きな石です💦

やはり人に促されないとトイレに行かない性格のようなので、今でも4時間おきくらいにトイレへ誘導する日々です💦

それでも、もう2度とあんな辛い思いはしてほしくないですし、自分も心がギュッとなる日々に戻りたくないので、今後もケアを大事にしていきたいと思います✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *