尿路結石のその後…。手術!?入院!?

こんにちは、野崎です。

 

先日書いた愛犬が尿路結石になった~💦

の続きです。

 

続きを書くことになるとは

思ってもいませんでしたが…。

 

結論から言うと

そうです。

 

手術しました( ;∀;)

 

どひゃー!

 

手術に至った経緯

忘れもしない

12月3日の火曜日。

 

夕方愛犬のおしっこの仕方が変だったので

動物病院に駆け込んで処置してもらうも

「尿路結石」の診断を受けます。

 

その週の木曜日にもう一度来院した際

今後の治療方法を主治医と一緒に

話し合い、外科的治療を早急に

行わなければならないほどではない、と

診断されて、内科的治療を始めることに。

 

外科的治療=手術

内科的治療=食事療法やサプリの服用

 

そして、

12月10日の火曜日

また火曜日!

ちょうど尿路結石だと言われて

一週間後でした。

 

昼頃おしっこの出が悪い…。

というか、

何度もおしっこをする素振りを

見せるというか。

 

最悪なことに、

かかりつけはこの日午後から臨時休診日。

 

そのまま放っておくことも出来ず、

かかりつけとは別の近所のI動物病院へ。

 

そこでもやっぱり

石が詰まり始めていることを告げられ

カテーテルで膀胱に石を押し戻してもらった。

 

初診、レントゲン、カテーテルによる処置

=9000円(ノД`)・゜・。

 

これが夕方の話。

 

水曜日はかかりつけが休診日のため

このまま木曜の受診予定日まで

なんとか持ってもらいたいなと思っていたところ

夜にまたおしっこを何度もする素振りを( ;∀;)

 

夜間やっているところに電話をかけまくり

受診しようか、それとも水曜日やっている

病院に朝イチで駆け込もうか悩みましたが

おしっこも完全に詰まっているわけではなく

ちょろっとは出ていたので

そのまま朝まで様子を見ることに。

 

12月11日の水曜日

 

前の日の夜から目をつけていたH動物病院に

そのまま駆け込む。

本来は予約の方優先の動物病院なのだが

訳を話し、緊急性の高さを伝え

なんとか診療してもらえることになった。

 

神!!(T_T)✨

 

口コミ通り、

とっっっっってもいい先生で( ;∀;)✨

初診は時間かかるものだと思いますが

愛犬のことを本当に隅から隅まで

丁寧に診ていただき

その上で、

「かかりつけの病院でなくて不安だと思いますが

もし、うちの患者さんでしたら本日中の手術をお勧めする

かと思います。どうされますか?」

と仰っていただき…

 

何度も何度も

カテーテルで石を膀胱に戻す処置も

身体に負担がかかってかわいそうだったので

こちらのH動物病院さんでの手術を決め

お願いしました。

 

初診、レントゲン、処置、尿検査=6000円

(同じような処置でも病院によって値段も違う!!)

 

いざ、手術へ!

 

手術の方法とは

うちの子は尿道にか全に詰まった形では

なかったので、膀胱切開手術でした。

 

石が膀胱に完全に詰まってしまっている子は

ちんちんを…(あ、男の子の場合ですね)

こう…

 

縦に切り開いた手術をするそうです!!

 

想像しただけで痛々しい!!!!

 

全身麻酔をかけて

尿道にはカテーテルを通したまま

石が尿道の方に落ちてこないようにするそうです。

 

術後もしばらくはカテーテルを

通したまま過ごすので

術前に通してしまうのが手順のようです。

 

膀胱を開いて石を除去し

生理用食塩水で膀胱内に残る小さな砂まで

綺麗に洗い流してからまた閉じる

という手術でした。

 

全身麻酔のかかりにくい子もいるので

もし将来手術の予定がありそうな子は

全身麻酔がかかる子かどうか

かかりつけの病院で調べてみてもらうと

いいと思います!

 

術後

手術の時間が夜だったこともあり

手術の様子などの報告は電話で聞きました。

 

全身麻酔もちゃんと効き

石もきちんと除去できたようでした。

石は病理検査に提出し、どのタイプの石なのか

(溶ける石なのかそうでないのか)

を調べてもらいます。

 

翌日の昼頃、面会に行きました。

ご飯をまるで食べていないので

早くごはんを食べさせて~💦と

元気いっぱいにぐるぐる駆け回り

点滴の管が足にぐるぐる巻きついてました(笑)

 

傷口を舐めないようにカラーをまかれ

おしっこはカテーテルを通して出すのですが

犬が自分で抜いてしまわないように

しっぽに一緒にくっつけられてました。

 

あと、前足には生理用食塩水を

点滴で注入して水分補給しているようでした。

皮下注射の点滴版、ですかね。

 

とにかく元気で!

安心しました☺✨

 

退院

ういちの愛犬は水曜の夜に手術をして

日曜の午前中に退院の予定でした。

4泊5日の入院予定ですね。

 

それが、金曜日の昼頃病院から連絡が来て📞

 

「とっても元気で、自己排尿もできるようになり

もしよろしければ本日の夜退院にすることもできる」

 

という内容の電話でした。

 

とにかく元気すぎて、構ってほしくて

病院の先生やスタッフを吠えまくって

いたんだと思います(笑)

 

本当にご迷惑をおかけしています(笑)

 

まだ術後2日しかたってしなかったので

正直傷の具合など不安な点はたくさんありましたが

何せお金がなかったもので( ;∀;)

早く帰れればそれだけ入院費も浮く、とのことだったので

金曜日の夜に退院してきました!!

 

手術代、入院費、薬代=108000円

 

夜間救急の病院での手術も考え

一応費用を聞いてみたところ…

30万はするとのことでした!!!!

 

かかりつけは15万。

 

病院によってかなりの差がありますね💦

 

退院後の生活について

退院後は、

とにかくおしっこを我慢させないこと

を中心に考えた生活をしています。

 

おしっこを我慢して膀胱炎になってしまうと

また石ができやすくなってしまうそうです。

 

うちの子は、

普段から外でないとおしっこをしないタイプの子で…。

でも、そんなに外にも出しておけないし

(出しっぱなしにしておくと、入れろと吠える)

出来れば家の中でもおしっこができるように

部屋の配置を変えたりして対応してみました。

 

帰宅後すぐは

頻尿だったのもあり、

家の中のトイレでもすることがあったのですが、

退院5日目になりますが、

なかなか家の中でしてくれなくなり

頻繁に外に出すしかないような状態です( ;∀;)

 

愛犬が病気療養中なので仕方ないことなのですが

長時間のお出かけは厳しそうです

今のところ2時間おきにトイレさせてます。

夜は…4時間おきくらいの時間に起きて

トイレをさせてまた寝る生活。。

 

夜くらいは、家のトイレでしてくれー!!

 

これで大丈夫なのかわかりませんが

明日また受診予定なので、先生に

聞いてみたいと思います。

 

それがわかったら、

今回のこの体験を記事風にまとめてみようかな。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *