育児グッズ、我が家で役に立ったもの③

こんにちは、野崎です。

ここ数日は梅雨の季節らしくじめじめとした日が続いていますね(;´・ω・)

雨降りの日は、子供が小さいうちはお家デーとして過ごすことの多かった野崎家ですが、銀行の支払い関係だったり買い出しだったり、上の子の習い事だったりと、用事がある時はどうしても家から出ないといけないものです😢

でも、子供が小さいときは「抱っこ紐」があれば無敵でした✨✨

そう、今回おススメしたいのは「抱っこ紐」です!!

抱っこ紐の良いところ

上↑の抱っこ紐は、実際に我が家で使っているものと同じものだと思います。

そう、野崎家の子供たちは抱っこ紐の王道、「エルゴベビー」の抱っこ紐で赤ちゃん期を過ごしていました。

もう4年前に買った物ですが、未だに下の子(1歳10か月)に使用することがある現役抱っこ紐です(*’ω’*)

そう、めっちゃしっかりしてるから

めっちゃ長持ち!!✨

いや、エルゴ以外のメーカーさんもめっちゃいいと思うんですけど

これからそのことも書きたいんですけど

とにかく、抱っこ紐は新生児期から使えるものが多く、ベビーカーよりも身近に赤ちゃんの様子を肌で感じることができるので、おススメです!!

移動も、子供と自分が一体化しているので、楽!!

ただの抱っこじゃなくて両手が空くので、買い物もできるし、家事も出来るし、抱っこ紐で寝ちゃった赤ちゃんを布団に降ろすとき、背中スイッチが作動しちゃう子は、そのまま抱っこしたままソファとかでママも一緒に寝ちゃえばオッケーだし!(※新生児期~首座り期までの子は窒息の恐れがありますのでおススメできません※)

肩は凝るけど。

でも、絶対あると便利だと思います!(え、そんなん当たり前やんって?)

ではでは、抱っこ紐の良いところを書き出してみましょう。

 

①移動がラク。(重いけど、見動きはとりやすい)

②両手が空く。(結構重要ですよね。おんぶにすれば料理もできる!)

③ママも赤ちゃんも、お互いの様子が見えるので安心できる。

④きちんと着用していれば普通に抱っこするより肩や腕に負担がかからない。長時間の抱っこが可能。

⑤大きさによる個人差はあるが、新生児期から2歳くらいまで長く使うことができる。

電車やバスなどで移動する機会の多いママは、抱っこ紐で移動できる時期は抱っこ紐を使用した方が断然楽だと思います。ベビーカーは思ったより幅を取りますし、軽く畳みやすいベビーカーが増えていますが、それでも子供を抱っこしながら畳むのは大変です。

雨の日なども、一緒に大きめの傘を差して、薄いタオルや雨具を子供にかけてあげれば、それだけでお出かけできます。

おんぶができるようになれば、料理もおんぶしながらできますし(コンロに背を向けるときは子供の動きに十分注意しましょう)、上の子の行事などにも一緒に参加しやすくなると思います。

おススメ抱っこ紐は?

最近は様々なメーカーから、それぞれ素敵な機能を備えた抱っこ紐が販売されていますよね。

メッシュ素材で赤ちゃんが心地よい環境で抱っこできる素材のものや、紐はせずにヒップシートにお座りさせることができるもの、対面式だけではなく前向きに抱っこできるものなど、本当に多種多様!!

選ぶだけで疲れる…。

そんな時、野崎のいいなと思った抱っこ紐メーカーをご紹介したいと思います✨

(独断と偏見です。メーカーのみです。だってたくさんありすぎる!

1:エルゴベビー(ERGO Baby)


エルゴベビー(Ergobaby) 抱っこひも おんぶ 前向き抱き [日本正規品保証付] (洗濯機で洗える) ベビーキャリア 成長にフィット オムニ360/ブラック CREGBCS360BLK

一番は野崎家でも大活躍している「エルゴベビー」の抱っこ紐です。

エルゴはしっかりとした肩ベルトと腰回りをサポートするベルトのおかけで、本当に抱っこをするのがラクです✨

見た目を「ゴツイ」と評価する人も多いですが、その安定感はさすがエルゴです。

あんんんんんまりにも長時間だとさすがに疲れますが、普段普通に使う分には抱っこを全く負担にさせません。

しかも、こちら(↑)新生児時期からは使えないのですが、対面抱っこ、前向き、おんぶ、腰抱き、4way!!

もし次に買い替えるなら前向き抱っこ可能な抱っこ紐がいいな…。

ちなみに新生児期に使えないだエルゴの抱っこ紐は

↑このような「インファントインサート」という別売りのクッションを購入することで、新生児期からも使用することが可能となります。

もし夏生まれの子で、こちらのインファントインサートを使用する可能性のあるお子様の場合、メッシュタイプのものを使うと赤ちゃんも涼しくて抱っこも快適だと思います^^野崎はインファントインサートを首が座るころまで使用していました(*^-^*)なのでだいたい0か月~3、4か月ほどの使用期間となり、装着に若干手間を取りますが、かなり安定して抱っこをすることが可能なので、赤ちゃんもきっと安心だと思います♡

ちなみに(↑)こちらは新生児期から使用可能な抱っこ紐なので、インファントインサートを使用しなくても大丈夫です。

そのかわり、前向き抱っこはできないようですね。下記のサイトにおススメ機能などたくさん書かれていますので、一度訪問してみてもいいかと思います💗

エルゴ専門店 Seven Colors

※エルゴの抱っこ紐は偽物も多く出回っているようです。正規品は高いイメージですが、偽物は安く、でもエルゴという商品名をうたっているようですので、注意をしてください。

 

2:Peacoco

最近流行りの「ヒップシート」機能付き抱っこ紐のご紹介✨

このヒップシートとは、抱っこ紐の紐の部分がなくても、赤ちゃんのおしりを支える台座のようなものが腰ベルトについているので、ちょっとした抱っこでの移動などとっても簡単にすることができるものです💕

このヒップシート、確かにどちらかの手を必ずお子様につけていないといけないので、両手フリーだバンザーイ!!✨…とはならのいのですが、お子様がうちの下の娘のように常に抱っこちゃんなくせに抱っこ紐の紐の部分をつけようとすると怒る。みたいな、お子様だと普通に抱っこするよりもおしりをイスに座らせる感覚のまま抱っこできるので、とっても便利!!!

初めての抱っこ紐購入をお考えの方は、ヒップシート機能付きの抱っこ紐を。

二つ目の抱っこ紐としてご購入をお考えの方は、ヒップシートのみも販売されているので、のみの物を購入してみてもいいかもしれません✨

今回はこちらのメーカーを代表としてご紹介させていただきますが、ヒップシート機能付きの抱っこ紐もだくさんのメーカーが出していますので、メッシュタイプのもの収納が豊富なもの抱っこの仕方がたくさんあるもの、ご自分の生活で必要だなと思う機能のヒップシート機能付き抱っこ紐を検討してみるといいと思います✨

とにかく使い方が多様で、そして抱っこが楽になるこちらの抱っこ紐もおススメです✨

3:ベビービョルン

お次にご紹介するのは、ベビービョルンの抱っこ紐です。

ベビービョルンのベビーグッズは、バウンサーをはじめとってもスタイリッシュでカッコいいイメージ✨

おしゃれママがこちらの抱っこ紐をよく着用している印象もあります^^

こちらの抱っこ紐、新生児期から使用可能で、対面、前向き、おんぶと、長く使うことができます✨

またベビービョルンの抱っこ紐はメッシュ機能のものが多く、抱っこ中に汗をかきやすい赤ちゃんも安心です💕

新生児期から使えるということもあり、優しく赤ちゃんを包むような形になっていて、お母さんと密着することで赤ちゃんもお母さんも安心ですね^^

 

まとめ

抱っこ紐はベビーカーとセットであると、お出かけにも便利ですし、おうちで「抱っこ~💦」とせがまれた時も、寝かしつけにも✨いろんな場面で役に立つ子育てグッズ必需品だと思います!✨

我が家の抱っこ紐も新生児の頃からずーっとずーっとお世話になっています✨

それも、上の子も下の子も、二人の子を一つの抱っこ紐で育ててきました✨抱っこ紐のおかげで家事や育児が格段に楽になったのは確かです。ほんと、抱っこ紐様様です!!

そんな世の中のママ必需品の抱っこ紐、種類も豊富でなかなか選びきれないと思いますが、そんなときに少しでもお役に立てますよに💗

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *